ジェネリックを知る

The family so sad

バリフ通販の薬はレビトラのジェネリック医薬品と紹介しました。
最近ではテレビCMや広告などでもジェネリック医薬品の名称を見かけることが多くなりましたが、まだ日本国内ではジェネリック医薬品がどんなものなのかを知らない人は多いです。
また、バリフ通販で販売している薬をはじめ、ジェネリック医薬品は価格が安いのですが、なぜ安いのかを知らない人もいます。
レビトラのように先発薬を開発する製薬会社は、1つの薬のみを作り運営をしていくわけではありません。そこから新たな新薬を待ち望んでいる人たちのために、次なる薬を開発します。
その開発には巨額の費用と膨大な時間が掛かります。これらを考慮して日本では、先発医療薬品への特許権を20年~25年認められています。そのため、新薬は高い価格で販売・流通されているのです。

日本でレビトラのジェネリック医薬品を入手しようとなると、2004年頃にレビトラが国内で販売されたので20年の特許を考えると2024年からになります。
しかし、バリフ通販ではレビトラのジェネリック医薬品が購入できます。それはインドで作られているからなのです。実は、インドでは医療品の特許を認められていませんでした。
そのため、2004年に発売されたものであってもインドであれば製造販売ができるということです。つまり、現在日本や欧米で流通していて、バリフ通販で購入できる薬はインド産なのです。
しかし、バリフ通販などから流通している薬は特許違反のものなのかといいますと、インド国内え合法的に製造されたものを取り寄せているので特許違反にならないので安心して下さい。